低用量ピル 通販

MENU

低用量・経口避妊薬の種類とおすすめの通販先を紹介!

低用量ピルの役目は?

 

中高・低容量ピルは、避妊目的だけでなく、
女性特有の病気の予防や肌トラブル(ニキビ、肌荒れ)、
月経前症候群(PMS)、生理不順などにも使われます。

 

欧米諸国では、避妊目的やそれ以外での使用率が、
15%〜60%と言われますから、アジア諸国(日本含む)の
数%(2〜5%程度)という数値はかなり低いものですね。

 

仮に避妊薬として使用する場合・・・

 

その効果は100%ではないにしろ、他の避妊方法と比べても、
かなり効果が高いものです。

 

※一節によると、、ほぼ100%(97%〜100%)と言われていますね

 

低用量ピルの成分や副作用・使用方法など

低用量ピルを成分や種類、服用タイミングなどで分けるとこうなります。

 

◯第1世代、第2世代、第3世代、第4世代

 

これは、含まれている「黄体ホルモン」「卵胞ホルモン」の種類と
含有率で分けられています。

 

「ノルエチステロン」「レボノルゲストレル」「デソゲストレル」
「ドロスピレノン」「エチニルエストラジオール」など。

 

錠剤に含まれる、このホルモンバランスで、副作用や、
避妊以外の目的で使用される際の効果(特徴)が、
やや変わってきます。

 

◯一相性、二相性、三相性ピル

 

簡単に説明すると、「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」のバランス。

 

一相性ピル・・・錠剤全てに同量のホルモンが含まれているもの

 

段階型ピルと呼ばれる「二,三相性ピル)

 

二相性ピル・・・ホルモンの量を2段階に調節したもの

 

三相性ピル・・・ホルモンの量を3段階に調節したもの

 

ってこと。

 

どのタイプを服用しても効果は同じですが、段階型ピルは、
飲む順番が大事なんで、シートに書かれている順番通りに
飲む必要があります。

 

◯ピルの開始日(2通り)

 

Day1スタート・・・月経初日から飲み始めるタイプ

 

※その日から避妊可能

 

Sundayスタート・・・生理が始まった週の日曜日から飲み始めるタイプ

 

※飲み始めてから1週間は、他の避妊方法を併用する必要がある

 

◯21錠タイプ、28錠タイプ

 

21錠タイプは・・・

 

これはただ単に、21錠全てにホルモンが含まれていて、
21日間毎日続けるタイプと。

 

28錠タイプ・・・

 

21錠全てにホルモンを含むものと、後の7錠は「偽薬」、
つまり薬剤を含まないもので、飲み忘れを防ぐために、
28錠セットになっているんですね^^

 

通常、低用量ピルは21日間飲んで7日お休みし。。
8日目から次のシートを飲み始めるんですが、
間が空いちゃうと、飲むのを忘れたりしますよね?

 

それを防ぐために、ずっと飲み続けるのが28錠タイプになります。

 

※効果は変わりません

 

◯副作用

 

副作用は、選ばれる低用量ピルの種類(成分)によって変わりますので、
ここでは主なものを上げておきますね^^

 

「生理以外の不正出血」「乳房の張り・痛み」「吐き気」
「倦怠感」「頭痛」「腹痛」「血栓」など。。。

 

まだ、いろいろとありますが、最近の低用量ピルの副作用は、
かなりマシになってきていると言えます。

 

その時の体調や、その人の体質にも左右はされますが、
これらの症状はかならず出るものでもなく、出たとしても
数日で治まったりしますから。

 

昔はピルを飲むと太るって言われてましたけど、、
最近のものはホルモン量も抑えられていて、ほとんど太ることは
ないと言われています^^;

 

◯ピルが飲めない人、飲んではいけない人。

 

・妊娠中の方(授乳中の方)

 

・脳・心臓・肝機能に障害がある人

 

・35歳を超えている方でタバコを吸われる方(1日に15本以上)

 

・乳ガンや子宮ガンの方、他にガンの疑いがある方

 

・血栓の疑いがある人

 

などなど、これ以外にも細かくありますが、これらの疑いがある場合は、
使用できるかどうかを、医師に相談する必要があります。

 

低用量ピルの購入先

長く続ける必要のある、中高・低容量のピルを購入する際は、
一旦「女性専門クリニック・産婦人科」に掛かってから、
購入することをオススメします。

 

このような、通販(個人輸入代行)を通じて購入する際は、、、

 

クリニックなどで処方されたピルの種類や成分が、
自分のカラダに合っているのを確認した上で購入されると、
副作用やその他、カラダにトラブルがでなくていいと思いますよ。

 

1回目の購入以降は・・・

 

やはり、コスト面では通販を通して購入したほうが、
かなりお安いでしょうし、病院に行く手間も省けるので、
一つの選択肢となりますよね^^

 

低容量ピルの比較一覧(ランキング)

低用量ピルは種類が豊富ですし、今現在お使いのものがあれば、
それを選ばれるのが一番いいでしょう。

 

ここでは、低用量ピルの値段や成分、特徴を比較し、
ランキング化された表へとご案内します。

 

※低用量・アフターピル比較一覧を参照するには?

 

※まず、下記商品(ダイアン)を選び「商品説明」まで下っていきます、そこに「低用量ピル・アフターピル比較一覧バナー」があるのでクリックします

 

低用量ピルの比較はこちらから⇒ ダイアン(Diane-35)

 

ご自分に合ったピルをお探しください!!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連ページ

緊急避妊薬(事後ピル)
緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の種類と副作用などの説明、おすすめの個人輸入代行業者(通販)を紹介しています。