避妊薬 通販

MENU

避妊ピルの種類と効果|通販で購入する方法!

避妊ピルにもいろいろな種類があります。

 

○中・高用量ピル

 

「卵胞ホルモン」の含有量が50μg程度含まれているもので、
現在はあまり処方されることがなく、ほとんどが「低用量ピル」」に
なっています。

 

○低用量ピル

 

「卵胞ホルモン」の含有量が30μg〜40μg程度に抑えられたものです。

 

現在、取り扱いがある女性クリニックや産婦人科等で処方されるのは、
ほとんどがこのタイプになると思います。

 

ピルに含まれているホルモン量が少ない程、比較的副作用が
少ないとされていまね。

 

※さらにホルモン容量の少ない「超低用量ピル」などもあります

 

○緊急避妊薬(モーニングアフターピル)

 

避妊を怠ったり、避妊に失敗した時、「性交後」に用いられるもので、
基本「72時間」以内に服用すれば、約90%程度は避妊効果が得られるというもの。

 

※服用タイミングは、なるべく早いに越したことはありません

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

低用量ピルと緊急避妊薬の種類や効果など

低用量ピル

 

「1相性ピル」「3相性ピル」2種類あり、含有するホルモン量や
ホルモンの組み合わせによって分けられます。

 

また、効果は変わりませんが、21錠タイプと28錠タイプがあり、
摂取の仕方を選ぶことができます。

 

基本的に保険が効かないものですが、2010年に販売が
認められた、一部の「ヤーズ配合錠(超低用量ピル)」などに、
健康保険が適用されるものもあります。

 

 

 

緊急避妊薬(モーニングアフターピル)

 

旧・緊急避妊薬の他に、現在は新しいタイプのものも発売されており、
今までの「最大72時間以内」のものより、さらに時間を経てでも効果が
望める(120時間以内)ものもあります。

 

クリニック等で購入する際、基本的に保険適用外となり、
自費となります。

 

 

 

避妊薬を使用する目的と購入方法!

○低用量ピルの使用目的は、避妊だけではなく、「女性特有の病気予防」
「生理周期の調整」「女性ホルモンが関係するお肌のトラブル」
「月経前症候群(PMS)」の症状を緩和するなど、、
いろいろな悩みを改善してくれる効果も望めます。

 

○緊急避妊薬は「事後ピル」と呼ばれる名の通り、、
行為後の避妊を目的に使用するものです。

 

いずれも、服用後「副作用」が出る恐れがありますので、
使用する際には注意が必要です。

 

避妊薬を購入する方法は2つあります。

 

産婦人科や女性専門のクリニックに、自らが訪れて購入する方法と、
通販(この場合は個人輸入代行業者を使います)で海外から購入する方法。

 

当然、前者が最もオススメですが、、

 

産婦人科などの場合、簡単にピル(経口避妊薬、緊急避妊薬)を
処方してくれなかったり、取り扱いしていない場合もあります。

 

後者は、、

 

個人で「輸入代行業者」を通じて単独で購入すことができるので、
特に制約などはありません。

 

ただ、、それぞれにメリット・デメリットがあります

 

日本国内においてクリニックなどで処方して貰う場合・・・

 

メリット

 

○当然、病院を訪れて「問診」「診察」などを経て、購入に至るわけですが、
避妊ピルには副作用もありますし、低用量ピルなどの場合、そのリスクや
服用できるかどうか、副作用などについても詳しく話を聞くことができます。

 

デメリット

 

●処方される低用量ピル、事後ピルにもよりますが、
保険が適用されないものがほとんどで、費用が高額になる場合もあります。

 

通販(輸入代行)で購入する場合・・・

 

メリット

 

○正規品でも比較的安価に購入できたり、効果が同じで、
さらに安価な「ジェネリック医薬品」などを選ぶこともできます。

 

デメリット

 

●避妊薬は、女性ホルモンを元に作られたものではありますが、
使用方法を守っていても、副作用が出る可能性もありますし、
購入したものがお身体に合わないこともあります。

 

副作用も通常なら、カラダが慣れて、しばらくすると治まるんですけど、
初めて使用するときは不安がありますよね。

 

※クリニックの場合だと、相談することができます

 

 

海外物は、説明書自体が英語表記になっていたりして、
使用方法が詳しく読み取れないことも多いんですよ、、、^^;

 

販売先である「輸入代行業者」の販売ページには、
ある程度詳しくは書かれていたりするんですが、
全てが記載されているわけでも無いので。。

 

購入自体は簡単で、通常の通販と変わらないんですけどね。。
商品が海外から、直接手元に送られてくるだけですから。

 

ただ、先にも書かせていただきましたが、自宅近く、あるいは、
勤務先の近くに、必要とするピルを扱っているクリニック等がない場合も
ありますよね。

 

そういった場合はやはり、こういった「輸入代行業者」を通して
購入せざる負えなかったりするでしょう。

 

緊急避妊薬のように、毎日服用する必要のないものは、
クリニックに頼る必要はないかもしれませんが、低用量ピルのように、
毎日必ず飲む必要があるものは不安なこともあるでしょう。。。

 

 

そのような場合、初回のみ、取り扱っているクリニックを探して購入し、
2回目以降は、こういった通販先を通して同じモノ、あるいは、
同じ成分を含んだ低用量ピルなどを購入する方法もありますよ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

更新履歴